初心者向けランナーの皇居ランニング

 

\

皇居周辺歩道利用マナー

 

皇居外周の歩道を利用する人たちに向けた9か条のマナー

2013年6月6日、皇居外周でジョギングやいわゆる皇居ランナー向けに、マナー向上について話し合ってきた千代田区の検討委員会が、皇居外周の利用者増加に伴いマナーの意識が希薄になっているとして、皇居ランナーだけでなく、自転車やウオーキングなどで皇居外周の歩道を利用する人たちに向けた9か条のマナーを策定しました。

 

これまでにもランニングや自転車の団体が、それぞれマナーを設けてはいたが、認知度が向上することなく守られていないケースが多々見受けられていたため、すべての利用者に共通する新たなマナーを作ることになりました。

 

内容は以下の通りですので、一読の上、実行いたしましょう。

1.歩道は歩行者優先
2.歩道をふさがない
3.狭いところは一列に
4.周回は反時計回り
5.タイムよりゆとり
6.「ながら通行」は控える
7.自転車はすぐに止まれるスピードで
8.ゴミは必ず持ち帰る
9.思いやりの心で

 

新マナーでは、注意力が散漫になり、他の利用者に追突したりする危険性が高まるとして、音楽プレーヤーなどを使ったままの「ながら通行は控える」ことを求めた。
このほか、混雑時や接触の危険を感じたときは、いったん止まるぐらいの余裕を持って、「タイムよりゆとり」を心がけるよう呼びかけています。
また、歩行者との接触を避けるため、「自転車はすぐに止まれるスピードで」と自転車の利用者への注意などを挙げています。

 

とにかく、皇居外周でのランニング等の中止にならなくて良かったと思われる内容です。
しかし、これからランナー等の行動やモラル次第では、ランニング中止等は十分に考えられることと思われますので、千代田区が制定した「皇居周辺歩道利用マナー」は遵守したいものです。

 

関連ページ

皇居ランナーマナー10の宣言!
初心者向けランナーの皇居ランニングについて詳しく説明しております。皇居ランニングのサークルも運営しております。